ちょっとしたおはなし。



スポンサーサイト
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
不幸の手紙 2 -プロトタイプ-
category:歌モノ
***  ***

 最近おれの周りでよく物が失くなっている。
 例えばそれは筆箱だったり、教室に置きっぱになっている教科書だったり、机の横にかかっている体育館シューズだったり。おれも提出したはずのノートが一人だけ返ってこなかったりした。急に失くなったら困るようなものだったけど、また買ってしまえば事足りるものばかりで、周りのヤツは特に困ってる様子じゃなかった。けど、失くなったものは二度と持ち主のもとには返ってこなかった。それだけが不思議だったけど…。
 今思えば、それが始まりだったのだと気付かなければいけなかったんだ。

 紛失騒ぎが落ち着いて少し経った頃だったと思う。五時間目の数学の時間。眠気を堪えながら必死にノートを取っていると、隣の席から呻き声が聞こえた。何だ?と思って見て見ると、松田が腹に手を当てて苦しそうにしている。
「ちょ、松田、大丈夫か?」
「……腹、痛ぇ……」
 痛みに歪んだ顔には脂汗が浮かんでいて、流石におれも普通の腹痛なんかじゃないって気付いた。今にも倒れそうに見える。そんな松田の様子に周りも気付き始めて、静かだった教室が一気にざわつく。今まで教室に響いていたチョークの音が止んで、先生がこっちに振り向いた。
「どうした、静かにしないか」
「先生、松田が腹痛いって」
 先生も松田の様子が尋常じゃないことに気付いて、近づいてきて顔を覗き込んだ。
「おい、大丈夫か、保健室――」
 行ってくるか、という言葉を先生が言う前に、松田の体がぐらりと傾いた。そしてそのまま、吸い込まれるように床に倒れこんでいく。救急車、と誰かが叫んだ。慌ててケータイを取り出して119にダイヤルする。教室を飛び出すやつが視界の端に見えた。たぶん、保険医を呼びに行ったんだろう。
 それから十分くらいして到着した救急車に、松田と付き添いで保険医が乗り込んで病院に向かった。その後の教室は騒然としていて、授業どころではなくなっていた。
 LHRの頃には病院から連絡があったらしくて、担任から命に別状はないって聞かされた。急性の盲腸だったらしくて、手術すればすぐ治るんだそうだ。それを聞いて少し安心した。倒れこんだ時の松田は死にそうな顔をしていたから。明日にでも見舞いに行こう、と約束して、おれ達は家路に着いた。

 病院のベッドに横たわっていた松田は、普段よりは少しやつれたような感じがした。それでも元気そうだったけど。
「松田ぁ、お前びっくりさせんなよなー!」
「ホントホント。倒れた時はまさか死ぬんじゃねえよなって思ったもんな」
「いやあ俺もあんとき死ぬかと思ったけど、この通りなんとかなったぜー」
 ベッドの上で談笑してる姿を見ると、大丈夫そうだって思えた。どんくらいで退院できるのか聞いたら、安静にしてれば来週中には、なんだそうだ。盲腸って聞くと大変そうだけど、案外そうでもないのかもしれない。
「それにしてもホント急だったよな。前兆とかなかったんか?」
「いや、それに関しちゃ医者も不思議がってたんだよなー。普通はちょっと前から胃の方が痛くなって、だんだん下の方に降りてくるんだって」
 実際何が原因で盲腸になるのかはまだよく分かってないらしいけど、と松田は付け加えた。
「へええ、治療法あんのに原因わかんねぇんだ」
「まあな。あれだよ、不幸中の幸いってやつ?」
「確かに!」
 ははは、とその場が盛り上がる中で、今井だけが険しい表情をしていた。
「――なあ、あれ覚えてるか?」
「あ?何の話だよ?」
「修学旅行で俺が話した、都市伝説」
 どうしてその話が今出るのかわかんなくて、おれ達は顔を見合わせた。
「不幸の手紙がどうしたよ?」
「――だって今んとこ、あの時話した通りになってんだぜ」
「は…?」
 と言われても、修学旅行なんて二ヶ月も前の話しだし、あの時話した内容なんておぼろげにしか覚えてない。確か、笠井と生活指導の先生と、他何人かに送ると面白いかも、なんていうくらいは覚えてるけど。
「どういうこと…?」
「だってほら、物なくなればいいとか、盲腸になればいいとか骨折とか…。骨折はまだ起こってないけど、盲腸までは確実になってんじゃんか」
「や、そうかもしれんけど…。偶然だろ、ただの。それに都市伝説だろ?実際ホントに効く不幸の手紙なんてあるわけねえだろ」
 おれがそう言うと、今井は少し青くなった顔を上げて、考えてみろ、と言った。
「学校で物が失くなったヤツ、あん時あの部屋にいたメンバーだけだぜ」
「なっ…」
 言われてみれば、それはそうかもしれないけど…。でもそれは偶然だってありえるだろう?
「それに、さ…。盲腸になればいいって最初に言ったの、松田なんだよ…」
 それを聞いた瞬間、ざっ、と冷水を浴びたみたいに、病室の温度が下がった気がした。




考えながら書いてるので、後々名前が出てくることが…
これ絶対10枚じゃ収まんない。
スポンサーサイト
| comments (0) | trackback (0) |
不幸の手紙 -プロトタイプ-
category:歌モノ
 なんか最近、新種の不幸の手紙が流行ってんだって。ああ、小学生ん時にあった「何人に回さないと不幸になります」なんてお遊び見たいなモンじゃなくてさ。なんでも、その手紙に書いた内容が送った相手にマジで利くんだって。例えば、ライバルに送って「次の試合風邪引いて出られませんように」とか、「階段から落ちて怪我しますように」だとか…。本当に叶うんだって。
 でも、その手紙はやっぱり普通の紙に書いたんじゃダメで、特殊なものを使うらしいよ。どんなものかは俺も知らないんだけど、買うんだって、怪しげな店で。その店はどっかにある繁華街のぼろっちいビルにあって、紳士風な男の人が店主なんだって。いろんな怪しげなものがディスプレイされてるらしいんだけど、その手紙だけは店主に「便箋ください」って聞かないといけないんだって。やっぱ多少は人を傷付ける商品だからさ、簡単には売っちゃいけないんじゃないの?でもお金は要らないらしいんだよな。お金じゃない、代価が必要なんだって。人それぞれ違うらしいけど…。
 っていう噂が実しやかに流れてるらしいよ。


***  ***


「つまんねーよー、それ!」
「全然怖い話じゃねえじゃん!」
 パチ、と部屋の明かりが点いたと同時にそんな野次があちこちから飛んだ。話してた本人はそうかあ?って首をひねってるけど、残念ながらおれもそう思う。最初の方はちょっといい感じに怖かったけど、オチが弱いっていうかなんていうか。
 修学旅行の男だらけの部屋。男子校だから女子の部屋に忍び込むとかいう楽しみは全然ないし、勿論相手がいないから定番の恋バナなんてものも出来ないとなると、会話は自然と怖い話になっていくわけで。電気を消して百物語みたいに一人ずつ話していってたところだ。
「ていうか、それ誰から聞いたんだよ?」
「んー、ツレのツレ?いわゆる都市伝説ってやつ」
「それにしちゃ弱えーって」
「デスノートの二番煎じじゃん」
「確かに!あっちは死んじゃうだけだけどな」
 けらけらと笑いが起こる。所詮デスノートは漫画の中の話だけど、実際にあったら便利なのはこの不幸の手紙なのかも、なんておれは思った。ムカつくヤツなんてそこら辺にいっぱいいても、死んで欲しいまでは思ってないし、そいつにちょっと困ったことが起これば気分がすっきりする、なんて思うヤツはきっといっぱいいるんだろうな。おれも含めて。
「――なあ、もしその手紙がホントにあったとしてさ、そしたら誰に送る?」
 仲間の一人が車座になってるおれたちの顔を見渡して、にや、と笑った。それが誰のことを指してるのか、誰もが一瞬でわかった。こんなことを言われるヤツはおれ達のクラスで一人しかいない。
「やっぱ笠井、だろ?」
 一人でさっさと布団をかぶって寝ている笠井になるべく聞こえないように、おれは呟いた。分かっていてにやにや笑っていたみんなが一斉に噴く。
「わっ、わざわざ言わんくてもいいのに!」
「ぎゃはは!やっぱそうだよなあー!」
「笠井しかいねーって!」
「…くく、ちょ、もうちょい静かにしねーと笠井起きるって」
 おれのクラスにいる笠井という男は、高校生にもなっていつも髪はぼさぼさでビン底のメガネだし、話しかけてもなんも返してこないしで、とにかく気味の悪い存在だった。そんなだからクラスのヤツからは勿論嫌われていた、というよりは疎まれていた、といった方が正しいのかもしれない。別にいじめが行われていたわけじゃないけど、そんな存在なもんだから近寄るヤツなんて誰もいなかったし、悪口とは行かないまでも本人に聞こえないとこでからかいの言葉遊びなんかはしょっちゅうやられてた。だから、ここで笠井が槍玉に上がるのは当然のこと。
「じゃあさあ、笠井に送るとしてどんな不幸に陥ってもらうよ?」
 なんだか楽しくなってきておれはこう切り出した。
「そーなあ、やっぱ最初は軽く物がなくなるとか」
「したら次は病気?」
「風邪は面白くないから、盲腸とかいってもらう?」
「うわ、手術系かよ!」
「ぎゃはは!んじゃあそん次は怪我な!骨折だろ、やっぱ」
「階段?」
「それも面白いけど、交通事故もだいぶ不幸だよな」
「確かに!で、最終的には――」
「……死?」
 一瞬しん、とした中でおれが小さく呟くと、また回りがにや、と笑った。
「まぁた言わんくていい事をー!」
「冗談でも言うなよそんなことー」
「悪い悪い、ホントにそんなこと願ったらマジ笑えない冗談だよなー」
 わっ、と周りが沸く。この日の夜は終始この不幸の手紙で盛り上がった。勿論矛先は笠井だけじゃなくて、嫌われてる生活指導の先生とかいろんな人にどんな不幸になって欲しいかを言い合っていた。――勿論、それは全て冗談だとみんなわかっていた。





スガ シカオ/Rush(「PARADE」収録)

…と、こんな話を考え中…
今まで書いたことない、ホラーチックな感じ?を目指して。
ゼミの課題で提出しようかと思ってるけど、完成すっかな。
| comments (0) | trackback (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。