ちょっとしたおはなし。



スポンサーサイト
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
かけら/002
category:かけら
「は?クリスマス?別にそんなんせんでえーし」

 なんとも夢のカケラもないセリフを吐いたのは、目の前にいる彼女。女って普通、クリスマス・イブだとかを重要なイベントとして考えていると思っていたが、どうやら奈緒は違うらしい。
「え、それマジで言うてんの?」
「そうよ?うちアンチクリスマスやもん。なんだってこんな忙しい時期に他人の誕生日祝わなあかんねん」
 確かにクリスマスはキリストの誕生を祝うもので、一応仏教徒である日本人には全くといって関係のないイベントのはずである。にもかかわらず、年中行事として扱われているのは、現代の日本人の無宗教っぷりを表しているのにほかならない。
「…じゃあ、ホンマになんもせんでえーの?食事とかケーキとか」
「あー別に?24日はともかく、25日はそもそも月曜やから仕事入っとるし。あ、プレゼントとかもいらんよ?金かかるやろ」
「…お前、夢ねーな」
「金のかからん彼女ってゆーてや」
 ふふん、と奈緒は笑った。
 確かに、今までの彼女たちからは何かしらプレゼントを要求されてきたから、出費が少なくなるのは嬉しいけど。でも。
「なぁんか拍子抜けやわー」
「あはは、悪かったなー彼氏甲斐のない彼女で」
「いや、それは別にえーねんけど」
「けど?」
「…いや、なんでもないわ。あ、一応24日空けといてや。クリスマスはせんでもえーし、普通に過ごそ」
「ああうん、そんならえーよ」
 まさか自分の彼女がアンチクリスマスだったとは。
 結構なロマンチストだと思っていたから(いつかのブルーベリーの件で)、意外でしょうがなかった。


***


 24日。
 外は快晴。真っ青な空。気温もそれほど低くないから、雪も降りそうにない。
(クリスマスのかけらもないやんけ)
 キラキラしいイルミネーションと、いつもより倍近くいるカップルの多さで辛うじてその当日だとわかるようなもんだ、と愁は待ち合わせ場所でぼんやり考えていた。
「ごめん、待たせたわー」
 声をかけられた方を見ると、寒さで少し頬を赤くした奈緒が立っていた。お気に入りのコートに、濃いめのデニム、黒のブーツ。どこからどう見てもいつも通りの格好だ。
(普通に過ごそ言うたんは俺やし、そんな着飾ってくるわけないか)
 愁もいつも通りのダウンにジーンズ、スニーカーという出で立ち。自分の想像した奈緒の姿に苦笑して、どこに行こうか、と尋ねた。






クリスマスっぽい話を考えてたっていう…
この先どうしようかと思って諦めたorz
「Hard Days,Holy Night」ネタもやってみたかったけどね…
因みにポルノの曲です。
曲ネタもそのうちやるかもしんない…

2007/08/22 修正
スポンサーサイト
| comments (0) | trackback (0) |
かけら/001
category:かけら
この「かけら」と付いたタイトルの文は、ふと思いついたものを置いておこうかと。
中途半端なものが多いと思います。
続きを書くかは気分次第?








 自然と目で追うようになったひとは、既に彼女持ちでした。


(うわぁあ、キツい。キツいよこれ…)
 久しぶりの恋がこんなんって。
 あたしって男運悪いのかなぁ…前の彼氏は別れた後ストーカー紛いの事を…ってこれはちょっとあたしも悪かったけど。
 上手く別れられればこんなことにならなかったんじゃないかっていう後悔もあって、しばらく恋はいいやって思ってたけど。いつの間にか、目で追いかけてたひとがいた。
 最初は好きなんだって気付かなくて、自覚したのは最近なのに。
「かわいい女(ひと)だったなぁ…」
 二人で歩いているところを見てしまった。
 そりゃあね、噂もあったよ。でも、自分の目で確かめるまでは~…とか思ってたら、意外に早く目撃してしまって、凹んだ。かわいらしいひとだったから余計に。
 はあ、と溜息をついたけれど、一人きりの部屋じゃ余計虚しい。
「諦めるのは…」
 無理だなぁ、と思った。
 そんな急に諦められるような想いじゃないことだけは、確かだから。



2007/08/22 修正
| comments (0) | trackback (0) |
甘い休日
category:6倍数のお題
「うわぁー、いい天気だ!めっちゃ洗濯日和って感じだなぁ」
「…う…まぶしぃ…」
「琢磨~、昨日遅かったのはわかるけど、そろそろ起きたら?もう10時過ぎだよ?」
「…まだ、ねむぃ…」
「そんなこと言ってないでさぁ…たまにはどっか行こうよ、こんないい天気なのも久しぶりだし」
「………」
「ちょっと、琢磨?」


ぐいっ


「ぅわっ?!」
「さ、くらも…いっしょねよー…」
「寝ようって、ちょ、琢磨?離して…」
「……zzz」
「ってもう寝てる…早っ」
「しかも腕…外れないし…」

「…………まいっか」

(琢磨が傍にいるのも久しぶりだもんね…)







6倍数のお題
「6つの創作のお題1/6.青空」

どうしてもポルノの「BLUE SKY」が浮かんで…(笑)
一から考え直してみたけど、こんなもんしかorz
まさしく駄文ですね。

2007/08/22 修正






「…くら、さくら、起きろって」
「ん…何時?」
「もー夕方。俺腹減ったわ~」
「えっウソ?!…うわー外オレンジ色…」
「こんな日も良かっただろ?」
「…あ、やっぱ確信犯だったんだ」
「まあな~」
| comments (0) | trackback (0) |
気付けばそこに
category:6倍数のお題
「…幸せってなんだっけ」
「なん、どーしたん?」
「いや…なんか唐突にそう思って」
「ふーん…じゃ、細木○子でも見とれば?」
「やだよ、うちあの人好かんもん」
「あ、そう」
「うん」
「………」
「………」
「って会話終了?!ちょっ、もう少し繋げてくれても」
「…うっさいなぁ、うち本読んどるんやけど」
「おねーちゃん冷たいっ」
「……………」
「ああっごめん!無言で去って行かんでー!!」
「……なんかあったん?」
「へっ?」
「アンタが茶化してるとき、絶対なんかあった後やし」
「流石おねーちゃん…」
「阿保、一体何年付き合っとーと思っとるん。で?なんがあったん」
「いや…あんまたいしたことないんやけど」
「うん」
「学校にね、いっつも幸せそーな子がおんの。で、その子見とったら自分はどーなんやろー、とか思っちゃって」
「ふぅん…ま、アンタには『アホ』っていう称号与えとくわ」
「なんでぇ?」
「だってそうやろ?“幸せ”なんていう目に見えんもんを、他人と比べてどうするん?」
「…確かに」
「“幸せのかたち”なんてもんは人それぞれやし、他人のかたちを自分に当てはめても上手くはまるわけないやろ?要は自分の心次第ってこと」
「…なんか悟っとるね」
「…フ、伊達に長く生きとらんわ…」
「は、はは…(過去になんがあったんやろ…)」
「ま、深く考えんでもいいんよ、幸せなんてもんは。小さいのなんてそこら辺にゴロゴロ転がっとるし」
「そういうもんなん?」
「うちの場合はね」
「…やっぱおねーちゃん悟っとるわー…」








6倍数のお題
「6つの創作のお題1/5.幸せ」

私が普段使ってる言葉で書いてみました。
博多弁で会話すると大体こんな感じになると思う。

2007/08/22 加筆修正
| comments (0) | trackback (0) |
ま、ほどほどに
category:6倍数のお題
「誕生日おめでとー」
「ありがとー …すっごい花束」
「だろ?一回やってみたかったんだよねー。彼女の誕生日に歳の数だけの花束」
「…赤いバラで?」
「うん。」
「ロマンチスト?」
「そのケはあるかもね。他にもやってみたいことあるし」
「…例えば?」
「たっかいビルにあるレストランで、夜景見ながら食事とか」
「…まさかそこで“君の瞳に乾杯”とかなんとか言わないよね?」
「あはは、言わない言わない。流石にそれはサムイし」
「(今してることも十分サムイと思うけど…)」
「ん?なんか言った?」
「んーん、なんも。ま、これは有難く頂いとくよ」
「来年も期待しといていいからねー」

(コイツ…来年は夜景か?!)







6倍数のお題
「6つの創作のお題1/4.花束」

貰うのは嬉しいけど、後が困ったりしませんか(苦笑)
私は結構物ぐさなので、すぐ枯らしちゃうんですよねorz

2007/08/22 修正
| comments (0) | trackback (0) |
一人暮らしの風邪っぴき
category:6倍数のお題
『うぉーい、生きてるー?』
「いや…もぉオレ死ぬ…」
『アホか。風邪くらいで死ぬかよ』
「昔はいくらでもおったわ…」
『昔だろ?今の医療と比較すんなよ』
「う…でも頭いてーし喉いてーし…ホントは喋ってんのも辛いんだぞ…」
『…熱どんくらいあんの?』
「知らね…オレん家体温計ねーもん…」
『はぁ?!…でも一人暮しだったらそんなもんか。オレんとこも無いしな…』
「だろー…」
『薬は?』
「バファリンくらいなら一応飲んだ…期限切れてたけど…」
『…効くことを願うわ。メシはなんか食った?』
「いや…食べる気起きねーし… 第一食いモンがねぇ…」
『…マジかよ』
「マジだよ…あー、オレこのまま死ぬわ…」
『おいおいおいおい』
「現代医学が発達した中で風邪で死ぬなんて…ふ、オレってすげー…」
『……言外に看病しに来いって言ってねぇ?』
「一人者って病気するとつれーなー…」
『……わーかったよ、行くよ』
「マジでー…?悪いな…」
『こんだけ話してりゃ大丈夫そうだけど、マジで死なれたら目覚め悪いしな…』
「はははー」
『んじゃ今から行ってやるから。……ホントに死ぬなよ?』
「おー、たぶん大丈夫」
『たぶんかよ。じゃー後でな』
「おー、サンキュなー…」

プツッ ツーッツーッツーッ…






6倍数のお題
「6つの創作のお題1/3.大丈夫」

期限が切れたバファリンを飲んだのは実話だったり…(笑)
男同士でこんな会話するかな…とか思いながら書いたけどまいっか。

2007/08/22 加筆修正
| comments (0) | trackback (0) |
ここからまた一歩
category:短編
「…なんてゆーか、ごめんね」
「何が?」
 死ぬ気で夕方までに仕事終わらせて、お望み通り海に連れてきたっていうのにコイツは。
 またなんか変なこと考えてんのか…と亮介は祐希の横顔を見ながら気付かれないように溜息をついた。大袈裟にやると変な勘違いをするに違いない。
「なんだかんだ言ってあたしの我が儘聞いてくれるし…あたしと居て疲れない?」
 様子がいつもとかなり違うことに亮介は気付いた。
 海に沈んでゆく夕陽はあんなにも美しいのに、彼女を取り巻く黒い不安は何?
「別に、そんなこと思ってないよ」
 どうしたら彼女の不安を拭うことが出来るんだろう。自分の持ってる言葉が少な過ぎて嫌になる。
「…嫌になったらちゃんと言ってね」
 言外に離れる覚悟はあるから、と言っているような気がした。
 なんでそんなこと考えるんだ?夕焼けが寂しく感じさせるから?それとも冷たい海風が吹いてくるから?少なくとも、いつもの祐希ならこんなこと言わない。
 西日を受けてオレンジに染まっている祐希を、亮介は引き寄せて抱きしめた。その体が震えていたのは、きっと寒さのせいだけじゃない。
「ね、祐希。よく聞いて?」
「…うん」
 そっと祐希が亮介の上着を掴む。亮介は抱きしめる力を更に強めた。
「俺ね、ちゃんと気付いてるよ。祐希の我が儘が寂しさからきてるってこと」
「…えっ…」
 祐希が首を動かす気配がしたが、構わず亮介は続ける。
「いつも構ってあげられないし、寂しい思いさせてごめん。いつか祐希に愛想尽かされんじゃないかって不安、俺も持ってて…」
「…そうなの?」
「うん。でも祐希が我が儘言ってくれてる間はまだ大丈夫なんだって思ってるんだ。だからなるたけ叶えてあげようって思ってて。それは全然負担なんかじゃないから…祐希が気にする必要なんてないよ」
 祐希の手が腰の辺りから背中へ回る。亮介は自分の肩口がじわりと濡れるのを感じた。
「もー、なんで泣くんだよー」
 苦笑混じりに亮介が言うと、ごめん、とくぐもった声が腕の中から聞こえた。
「ここはごめんじゃなくてさ…」
「ん…ありがと、亮介」
 顔を少し上げた彼女の涙を払うと、やっと笑顔を見せた。それを待っていたかのように、水平線で留まっていた太陽が沈む。そっとふたつの影が重なったのは、濃紺の夜空に浮かぶ月だけだった。








何気に「言葉の裏側~」の続きだったり…
暇なバイト中に思いついたので書いてみました。
ちょっとクサい?(笑)
このカップルは大体25歳以上かな…という感じがあります。

2007/08/22 修正







「あー、沈んじゃったね、太陽…」
「ホント、真っ暗になったなー。どっかで食べて帰る?腹減った」
「あ、ならあたしパスタ食べたい!ピエトロの」
「ピエトロかー。いいね、久しぶりに行くか」
「やった!ありがと、りょーちゃん」
「ん、素直でよろしい」
| comments (0) | trackback (0) |
言葉の裏側、気付いてる?
category:6倍数のお題
「海行きたい」
「はぁ?海ぃ?こんな寒いのに?」
「ねー、連れてってよー」
「やだよ、寒いし仕事残ってるし」
「行ーきーたーいー!」
「無理言うなよ、明日までにこのデザイン仕上げねーといけないんだぞ?」
「行ーきーたーいーのー!」
「…あーもーわがままだなぁ!」
「あっ、ちょっとどこ行くの!」
「いーから待ってろ」




「ホレ」
「え、なにコレ。ただの貝殻じゃん」
「耳に当ててみ?」


ザ…ザザザ…ザザ…


「…波の音がする…」
「だろ?しばらくこれで我慢しとけ」
「えー…」
「……コレ終わらせたら連れてってやるから」
「やった!りょーちゃん大好き!!」
「はいはい、どぉも(あーあ、自分の首締めちゃったなぁ)」







6倍数のお題
「6つの創作のお題1/2.波音」

彼女の我が儘が、寂しさ故だと解ってるんです。
…タイトルセンス欲しい…

2007/08/22 修正
| comments (0) | trackback (0) |
ぼやけた視界の向こう側
category:6倍数のお題
「なーしゅうー」
「なんー」
「ブルーベリー食べたら目ぇ良くなるって言うやんな?」
「ああ、まあなぁ」
「愁やったらさぁ、どんだけ食べたらもとの視力に戻ると思う?」
「お前アホか、ブルーベリー食ってもカンペキ戻るわけないやろが。そんなんで戻るんやったら世の中にメガネもコンタクトもあらへんぞ」
「う、そらそうやなぁ」
「せやろ?」
「でも摂取量が少ないからとちゃうん?毎日何千粒~とか食べよったら目ぇ良くなるんちゃうかなぁ?」
「おっまえまだ言うとんの?」
「だって目ぇ良くなりたいしー」
「せやったら確実な方やれや。レーザーとか今あるやん」
「お金かかるし怖いしヤダ。」
「…ああそ。つうか何で目ぇ良くなりたいん?」
「聞いてよー。最近視力の低下激しいんよー」
「…そりゃあお前が悪いんじゃ?」
「そうやけどー…やっぱ裸眼でなぁんも見えんのはさすがにねー」
「ふぅん、そんなもんなんか」
「…なんよ嫌味?自分は目ぇいいからって!」
「べっつにそんなんちゃうわ」
「……好きな人の顔、レンズ越しでしか見れんのも辛いねんで?」
「…え?」
「裸眼だとなんもかんもぼやけてしもて、人の顔すら判別できんのよ?…そんなん嫌やんか」
「…奈緒…」
「…て、そんなんちょっと思っただけ!もー忘れて!」
「……顔赤いで?」
「うっさい!そんなんゆうたら愁もやろ!」
「奈緒が嬉しいことゆうてくれるからやろ?てゆうかお前、そんな俺のこと好きやったんやなー」
「~~~っそうや、悪い?!」
「悪いなんて一言もゆうてへんやん」
「そのニヤニヤ笑いやめぇや!腹立つ!!」
「いやー無理やわ~暫く止まらんな~」
「……チッ、言うんやなかった」





6倍数のお題「6つの創作の御題1/1.ブルーベリー」
関西弁?カップル。
方言で書いてみたかったんです。
この「6つの創作の御題1」は会話形式で書いていこうと思います。

2007/08/22 加筆修正
| comments (0) | trackback (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。