ちょっとしたおはなし。



スポンサーサイト
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
一日彼氏
category:短編
 思ったより終わりは呆気なく、そして早かった。


 To:井上彩子
 From:渡辺雄一
 Sab:Re:
――――――――――――
 Text:
 やっぱり友達のままが
 いいと思う(汗)
 ごめん(>人<)

     -END-
――――――――――――


(…ま、こんなもんよね実際。)
 メールの文面を見て、彩子は溜息をついた。
 同窓会で再会して恋に落ちる―――なんてよくある話が自分にもあるのだ、と思ったのだが、そう簡単に上手くはいかないらしい。別に相手のことを特別好きだと思っていたわけではなかったので、失恋という感覚ではなかった。
(てゆうか、なんにしても突然だなぁ)
 付き合わない?と言われたのは、二次会のカラオケから帰ってきてそろそろ寝ようか、と言うときに雄一からメールが来たのだ。たわいのない会話の中で、彼氏がいるのかどうか聞かれたから「いないよ」と返信すると、「俺でよかったらもらってくれない?(^-^)」と返ってきたのだ。
 どうとっていいのかわからなくて、「それは付き合おうって解釈でいいの?」と送り返すと、「そう思っていいよ」と返ってきた。突然のことに驚き、そして確かに嬉しかった。自分にもそんな風に思ってくれる人がいるのだと。
 しかし、彩子はすぐに返事ができなかった。今住んでいるのは遠く離れた県で、翌日にはそっちに帰ることになっていた。同窓会に出席するために戻ってきているだけなのだ。遠距離恋愛は失敗した過去があるから自信がない。
 それでもいいの?と送ると、「大丈夫だよ」と返ってきた。そのメールを見て、「じゃあ、よろしく」と送った。雄一のことは嫌いじゃなかったし、こんな始まり方もいいのかもしれないと思ったから。それが、昨日の話しだ。
 そして今。帰りの新幹線の中で「おやすみ」のメールを送ると、返ってきたのがあのメールだった。付き合おうと言われてから一日も経たないうちにもう別れ話。ショックと言うよりは呆れた、と言ったほうが正しいかもしれない。


 To:渡辺雄一
 From:井上彩子
 Sab:RE:Re:
―――――――――――
 Text:
 わかった。
 それじゃあまたね

     -END-
―――――――――――


 それだけ送って、ぱたんとケータイを閉じた。









そんなこともあるかもしれない(笑)


2007/08/22 修正
スポンサーサイト
| comments (0) | trackback (0) |
 

管理者だけに閲覧
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。