ちょっとしたおはなし。



スポンサーサイト
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
ぼやけた視界の向こう側
category:6倍数のお題
「なーしゅうー」
「なんー」
「ブルーベリー食べたら目ぇ良くなるって言うやんな?」
「ああ、まあなぁ」
「愁やったらさぁ、どんだけ食べたらもとの視力に戻ると思う?」
「お前アホか、ブルーベリー食ってもカンペキ戻るわけないやろが。そんなんで戻るんやったら世の中にメガネもコンタクトもあらへんぞ」
「う、そらそうやなぁ」
「せやろ?」
「でも摂取量が少ないからとちゃうん?毎日何千粒~とか食べよったら目ぇ良くなるんちゃうかなぁ?」
「おっまえまだ言うとんの?」
「だって目ぇ良くなりたいしー」
「せやったら確実な方やれや。レーザーとか今あるやん」
「お金かかるし怖いしヤダ。」
「…ああそ。つうか何で目ぇ良くなりたいん?」
「聞いてよー。最近視力の低下激しいんよー」
「…そりゃあお前が悪いんじゃ?」
「そうやけどー…やっぱ裸眼でなぁんも見えんのはさすがにねー」
「ふぅん、そんなもんなんか」
「…なんよ嫌味?自分は目ぇいいからって!」
「べっつにそんなんちゃうわ」
「……好きな人の顔、レンズ越しでしか見れんのも辛いねんで?」
「…え?」
「裸眼だとなんもかんもぼやけてしもて、人の顔すら判別できんのよ?…そんなん嫌やんか」
「…奈緒…」
「…て、そんなんちょっと思っただけ!もー忘れて!」
「……顔赤いで?」
「うっさい!そんなんゆうたら愁もやろ!」
「奈緒が嬉しいことゆうてくれるからやろ?てゆうかお前、そんな俺のこと好きやったんやなー」
「~~~っそうや、悪い?!」
「悪いなんて一言もゆうてへんやん」
「そのニヤニヤ笑いやめぇや!腹立つ!!」
「いやー無理やわ~暫く止まらんな~」
「……チッ、言うんやなかった」





6倍数のお題「6つの創作の御題1/1.ブルーベリー」
関西弁?カップル。
方言で書いてみたかったんです。
この「6つの創作の御題1」は会話形式で書いていこうと思います。

2007/08/22 加筆修正
スポンサーサイト
| comments (0) | trackback (0) |
 

管理者だけに閲覧
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。