ちょっとしたおはなし。



スポンサーサイト
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
かけら/001
category:かけら
この「かけら」と付いたタイトルの文は、ふと思いついたものを置いておこうかと。
中途半端なものが多いと思います。
続きを書くかは気分次第?








 自然と目で追うようになったひとは、既に彼女持ちでした。


(うわぁあ、キツい。キツいよこれ…)
 久しぶりの恋がこんなんって。
 あたしって男運悪いのかなぁ…前の彼氏は別れた後ストーカー紛いの事を…ってこれはちょっとあたしも悪かったけど。
 上手く別れられればこんなことにならなかったんじゃないかっていう後悔もあって、しばらく恋はいいやって思ってたけど。いつの間にか、目で追いかけてたひとがいた。
 最初は好きなんだって気付かなくて、自覚したのは最近なのに。
「かわいい女(ひと)だったなぁ…」
 二人で歩いているところを見てしまった。
 そりゃあね、噂もあったよ。でも、自分の目で確かめるまでは~…とか思ってたら、意外に早く目撃してしまって、凹んだ。かわいらしいひとだったから余計に。
 はあ、と溜息をついたけれど、一人きりの部屋じゃ余計虚しい。
「諦めるのは…」
 無理だなぁ、と思った。
 そんな急に諦められるような想いじゃないことだけは、確かだから。



2007/08/22 修正
スポンサーサイト
| comments (0) | trackback (0) |
 

管理者だけに閲覧
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。